iPadで聖書に手書き⁉︎ディボーションをもっと手軽に!

日常

今回はiPadで聖書に手書きできるようになった私流のディボーションのやり方をお披露目します!

以前、こちらの記事でルーズリーフ型のMyディボーションノートをご紹介しましたが、そこから紙をなるべく減らしたいと思い、ついにiPadでのディボーション習慣ができてきたので、お伝えしたいと思います。

今回はこんなあなたにおすすめ!

Yuri
Yuri

手書きで聖書に書き込みしたい!

ディボーションを電子化して紙を減らしたい!

どこでもできるように、手軽にしたい!

脚注を簡単に見たい!

私と同じような思いの方がいましたら、参考になると嬉しいです😊

少し恥ずかしいですが、私の2日間のディボーションノートをお見せします!

必要なもの

必要なものは以下の3点!

  1. iPad & Apple Pencil
  2. Good Note5などのメモアプリ
  3. 聖書アプリ

2メモアプリは写真が貼れるもの、手書きができるものであればなんでもよいと思います!
私は有料アプリですが、Goodnote5を使用しています。

3聖書アプリは、ご自身のお好きな訳の聖書アプリをご用意ください。
私は有料アプリを使用しています。少しお高めですが、毎日使うものなので2017訳の聖書アプリを購入しました。

聖書 新改訳2017

聖書 新改訳2017

Word of Life¥4,000posted withアプリーチ

ちなみに、新改訳2017の訳を無料で読めるアプリがあるんです!それが、「聴くドラマ聖書」!

音声でプロの声優さんたちが聖書を読んでくれて、物語や詩がスーッと心に響いてきます。そして、節ごとに選択できて、コピーもできてしまう…このアプリは本当に無料でよいのか…

聴くドラマ聖書

聴くドラマ聖書

一般財団法人 日本G&M文化財団無料posted withアプリーチ

ディボーションの流れ

  • 1
    祈り&賛美

    ご自身のディボーションスタイルに合わせて

  • 2
    聖書アプリでその日の箇所を開く

    ディボーション始めたばかりは頑張りすぎず短めがおすすめです。
    私は最初の頃、画面に入る範囲だけ(10〜15節ほど)にしていました。

  • 3
    スクリーンショットを撮る

    Apple Pencilの場合は左下から斜め右上にスライドするとスクショができます。
    そして、画面のいらない部分を切り抜いて、左上の完了→「コピー&削除」を押します。(削除しておくことで、あとから写真アプリで消す必要がなくなります)

  • 4
    ノートアプリに写真を貼り付け

    ノート画面を長押ししてペーストすると写真を貼ることができます。

  • 5
    御言葉を読み、マーカーや書き込みをする

    私の場合は、緑マーカー:疑問
    黄色マーカー:心に残った箇所
    ピンクマーカー:心に残った言葉 でマーカーを引き、書き込んでいます。

  • 6
    疑問点などは聖書アプリの注解書や脚注で深める

    有料版聖書アプリのよいところは、脚注の引照箇所にぱぱっと飛べるのです!脚注を使うことでよく分からない箇所も少し読み解けるようになります。
    そして、この手軽さにより、「ディボーションめんどくさい…よく分からない…」が減りました!

  • 7
    祈り&適用

大体このような流れで、iPadディボーションをしています☺️

楽譜もiPadに入っていて、ディボーション用の音楽も入っているので、本当に便利になりました(笑)時短で、とても手軽にできるようになったことは継続の秘訣だなあと思っています💪

以上、どなたかの参考になれば幸いです!!お読みくださりありがとうございました✨

ブログ村 ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ゆるミニマリストへ
日常
スポンサーリンク
Yuriをフォローする

コメント

  1. めーたん より:

    !!iPadで聖書に書き込み・・・、目から鱗です!!素敵な情報をありがとうございます!
    聖書は読むのも素晴らしいですが、メモ好きとしては書き込みたくなるもの。
    作ってみようかなぁ〜。

    • Yuri Yuri より:

      初めてコメントをいただいて気づかず、お返事遅くなってしまって大変申し訳ありません😭
      コメントくださって、とっても嬉しく、とっても励まされました🌷ありがとうございます🥹

      聖書に書き込みたいですよね〜🥹もしもっといい方法などあったらぜひ教えてください🍀

タイトルとURLをコピーしました