ファーストバイトのアイデア

結婚

披露宴では、ケーキ入刀に引き続き、ファーストバイトが行われることがよくありますよね。

今回は、ファーストバイトの意味とその内容、食べ物についてのアイデアについてご紹介いたします!

ファーストバイトとは

ケーキ入刀は、「初めての共同作業」「しあわせをおすそ分け」などという意味があることは有名ですよね。

では、ファーストバイト意味をみなさんご存知でしょうか?

ファーストバイトが始まった時の意味としては、下記のような意味があるそうです‼︎

新郎から新婦へ「一生食べる物には困らせない
そして
新婦から新郎は「一生美味しい料理を作ります

といったことを約束する儀式のようです…。うーん、大変そう…いや、喜びですよね…(笑)
結婚式の誓約で「…健やかなる時も、病める時も…愛することを誓う」といった厳かな儀式をしていますが、このファーストバイトの意味は、今の時代、少し変わってきているように思います。

私は料理が苦手なので、「そんなことは約束できないな…」と。
そして、彼も、「牧師の働きでお金に困らないとは約束できないな…」と感じました。(笑)
そこで私たちは、お互いの感謝の気持ちを込めて、相手の好きなものを食べさせ合うという時間にしました。

ファーストバイトのアイデア

ファーストバイトのアイデアは、たくさんありますよね♩
例えば、新郎新婦同士だけでなく、「見本を見せて」とご両親にファーストバイトをやっていただくものもあります。
また、新郎新婦から両親へ「感謝の気持ちを込めて」といった場合もありますし、新郎新婦から友人へといった場合もあります。
披露宴のゲームなどで、負けた場合に、大きなケーキを新郎新婦から食べさせるといった可愛い罰ゲームもありかもしれませんね!

結婚式の準備を進めているなかで、結婚式場から、
「最近はケーキ入刀の代わりに【ローストビーフ入刀】といったものが、流行っている」
ことを聞きました。

そして、「ファーストバイトとして、お肉をガッツリ食べさせ合う」といった、
普段とは違う演出でゲストの方を楽しませようとすることを初めて知ったのでした。
つまりは、ケーキだけでなく、何を食べてものだな、と気づいたのでした(笑)

そこから、私たちはふたりで考えて、「お互いへの感謝の気持ちを込めて、相手の好きなものを食べさせ合う」という演出にすることを決めました。

ちなみに、彼の好きなものは「ラーメン」で、私は「綿菓子」が好きなので

私から、彼には、ミニカップラーメンを
彼から、私には、綿菓子を

それぞれ食べさせ合いました。
結果として、会場には笑いが溢れ、楽しいひとときとなりました!

また、司会の方には、このように話していただきました。
今後、司会の方のトークスクリプトも記事にしようと思います(*^^*)

このようにして、楽しいファーストバイトの時を持つことができました。

普段通りのファーストバイトももちろん素敵ですが、ちょっとしたサプライズ感や演出で、ゲストの皆さんにとっても楽しく、笑顔あふれる素敵な時間になれたら嬉しいですよね(*^^*)

みなさんの結婚式・披露宴が、おふたりのアイデアとしあわせで笑顔いっぱいになりますように!

amazon

コメント

タイトルとURLをコピーしました